読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHAMELEON DAYS -カメレオンデイズ-

デザインTipsや一眼カメラ、アイデア発想法などについて書くビジネスブログ。

デザイナーって、なにする人?

f:id:doubleM:20170514194131j:plain

大卒学歴(※美大・その他専門ではない)から、デザイナー、アートディレクターを経て、現在フリーランスクリエイターとして活動しているdoubleMです

みなさんは、デザイナーと聞いてどんな人を想像しますか??
ゲームアプリを作る人?洋服を作る人?それとも、雑誌を作る人でしょうか?

デザイナーに対するイメージ(before)

私はデザイナーになる前、「デザイナー」と呼ばれる人たちに対してこんなイメージを持っていました。

・オシャレ(という名の"個性的")な人が多そう
・自分の世界を持ってそう
・ちょっととっつきにくそう
・感覚で仕事ができていいなぁ
・好きなことだけやってていいなぁ
・浮き沈みが激しそう

私がデザイナーになってみてわかったことは、こういったイメージの大半は「デザイナー」ではなく「芸術家」を差していて、実際とはかけ離れている、ということ。

もちろん、芸術家を兼ねたデザイナーも居ますし、人間ですから個人差があるのは当然のことです。

更に私は、美大も専門学校も出ていませんので、身の回りにいるWEBデザイナーや、アプリをつくるUIデザイナーについてしか、詳しくありません。

それでも現在では私なりに、「デザイナー」と呼ばれる人たちに対して幾ばく化の共通点を見出しています。

今日は、デザイナーではない人たちにもざっくりと「デザイナーって何をしている人なのか?」という点を感じ取って頂けたらなと思っています。

デザイナーってなにする人?

この問に、とっても明確に答えるならば

「デザイナーとはデザインをする人」

というのが答えです。

では、デザインとは何か?ここが、この問を難しくしています。

デザインとは?

「デザインとは…」に続く模範解答は古今東西入り乱れています。
辞書的な意味合いでは、《名・ス他》設計。図案。意匠。また、製品の機能や美的造形を考慮した意匠計画のこと。

デザインとは問題解決である」という人もいれば、「デザインとは戦略を持った創造性だ」という人もいますが、私が知る限り、最も的確に表現できているな、と感じるのはこの答えです。

DESIGNとは問題解決を行なうためのメソッドであり、ユーザー視点から”どう見えるか”よりも”どう機能するか”を主軸したプロセスである。
参考:デザイナーとはマインドセットであり、職種ではない【btrax】|ワサモンのまちづくり推進事業


「どう見えるか」という点と、「どう機能するか」という点。デザインに携わって間もないうちは、両者を混同してしまいがちです。

「どう見えるか」という点に気を配るのは悪いことではありませんが、そちらばかりを優先させてしまうと、この「機能」面が疎かになってしまう危険性があるばかりか、ただの「アート」になってしまう危険性すらあります。

この点が、デザインとアートは違う、と言われる所以です。
この、デザインとアートの違いについては、改めて別の記事で触れることにしましょう。

上記を、「デザインする」ことの定義と仮定して、次の話題に進みます。

改めて、「デザイナーとは?」

デザインとは、メソッドである。と仮定すると、デザイナーとは(主にお金などの対価をもらって)「上記のプロセスを用いて、問題解決のためのメソッド発見の任務を遂行する人」ということになります。

もっとわかりやすく言うと、プロジェクト参加者達が様々な表現で「これ」が作りたい!と言った機能を可視化する方法を試行錯誤して「そうそう!これ!」と言ってもらう仕事をする人だと私は解釈しています。

まとめと検証

いかがでしょうか?

WEBデザイナー、アプリデザイナー、ファッションデザイナー、キャラクターデザイナー、プロダクトデザイナー。

どのタイプのデザイナーにとっても、この「漠然としたイメージを可視化するための方法を模索する」という点は共通するところですね。

次回は、この「デザイナー」を少し掘り下げて「いいデザイナー」の条件について考えてみたいと思います。

名言系リンク

蛇足ですが、デザイナー・アーティストの名言は世界に数多く存在します。
名言系を読んでみたい方にはこちらがオススメ
ちょっと(かなり)考えさせられるデザイナー、アーティストの深ーい名言集