カメレオンデイズ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメレオンデイズ

7色の顔を持つdoubleMの「非」日常✦ 今日は何して遊ぼっか?

紅葉が美しい高尾山で、精進料理を食べてみた!

f:id:doubleM:20151206154527p:plain
先週のお話です。
高尾山に精進料理が食べられるお店があると聞いて、出かけてきました。

きっかけは、TABI LABOさんのこの記事。
tabi-labo.com


1. 今が紅葉真っ盛り!

TABI LABOさんの記事で、
どうやら近場で精進料理が食べられるらしいことを知った私は
新しいことチャレンジの一環」として、大学からの友人に声をかけてみました。
「高尾山で精進料理が食べられるらしい。」

相手から「せっかくならば少し待って、紅葉の時期にしないか?」とのオファーが有り、秋だというのに紅葉なんて少しも気が回らなかった自分をちょっぴり恥じ、そして先週、ついにその日がやって来ました!
結果は…ベストタイミング!

木々がキレイに紅葉しておりました♥
f:id:doubleM:20151206161753j:plain

2. ケーブルカーもいいけど、せっかくなので登りました。

山登り(ハイキング)なんて、中学生以来じゃないか?と思いながら
歩みをすすめる私と友人。

薬王院を目指して、1号路を進みます。
途中道草をしながら、到着まで約1時間半程度でしたでしょうか。
山登りとあって、2人の格好は動きやすい普段着にスニーカー
このファッションで、登りは全く問題なく過ごせました。

運動やアウトドアからは程遠い2人が、少しも飽きずに登り続けられたのは
自然の作り出す変わり続ける景観のせいだったのかも。

f:id:doubleM:20151206161706j:plain

みなさまは「1/f揺らぎ」という言葉をご存知ですか?

規則正しさと不規則さがちょうどよいバランスで調和したパターン
via http://allabout.co.jp/gm/gc/299125/

のことだと言われていて、年輪の刻みやろうそくの揺れ、
生物の鼓動などがそれに当たるとされています。

似非科学だとも言われることのある1/f揺らぎですが、
自然の中に居ると不思議と心地よく感じるのは
これのおかげじゃないか、と私は常々思っております。

デザインの世界でも、「対称」を好む西洋世界に比べ、
日本人の持つ美的感覚は「非対称」だとされています。
この「非対称」も、不揃いであればいいわけではなく、
「7:5:3」に基づくものが好まれると。
この、「753」の感覚こそまさに「規則」と「不規則」の間なのでは。
なんて。

3. 薬王院到着!いよいよ精進料理

ここで注意していただきたいことがあります。

平日でも、結構な人気!"予約不要"の精進料理狙いの人はお早めに。

のんびり観光をしていた私達。
薬王院に到着したのは13:30。
正直なところを申しますと、「平日の日中だし、人なんてそんないないだろ」と
高をくくっていたところがありました。
が、流石に受付を締め切られてしまうと悲しいので、
急ぎ足で向かったところ…
「最後の2名です。」とのこと!!
あっぶねぇーーー!!!
時間ではなく、人数的な制限での締め切りがあるとは思ってもみませんでした。
平日日中でもこの人気…恐るべし。

山の上の方はめちゃめちゃ寒い!

ちなみに、この後しばらく薬王院内の内廊下で待つことになったのですが
非常に寒いです。日陰ですし、床が冷えます。
本当に寒いです。みなさまくれぐれも、防寒を忘れずに。

お料理到着まで結構待ちます

入室すると、セルフバイキングのような形でお味噌汁やご飯、
サラダを盛りつけて座席で待つように言われます。
ここからお料理到着まで、かなり待ちます

f:id:doubleM:20151206161409j:plain
出てきたお料理はこんな感じ。

まず、見た目の華やかさに驚きました。
そして恐る恐る食べてみると…。
味の再現性はものによって多少差があるのですが、
特に加工肉系(からあげ、ソーセージ、つくねあたり)の
味の再現性が高くて非常に驚きました。

ソーセージにいたっては、スモーキーな香りもそのままで
ソーセージに見せかけた精進料理、と見せかけて実はホンモノのソーセージなんじゃないか
と友人と語らうほど。
マグロのお刺身はトマトで出来ていたのですが、
似て非なるもの、ではありつつ、酸味をトマトで表現するあたり、
非常に面白いなと感じました。

4. 意外と一気に暗くなる!帰り道にお気をつけて。

薬王院でのんびりと過ごした後、せっかくなのでと頂上を目指す2人。
頂上では運良く富士山も見ることが出来ました♪
せっかくなので行きと違うルートで帰ろう、ということで
たまたま選んだのは「稲荷山コース」。
これは若干失敗だったかも。
前週の雨の影響で、ぬかるんでいるところも多く、
道幅も狭い中、気をつけて進むこととなりました。
道すがら、すれ違ったおじいちゃんの情報では
16:00を過ぎると一気に暗くなるので注意」とのこと。
ギリギリ下山は間に合いましたが、夕方は結構な暗さに。
帰るまでが遠足とはまさにこのことですね。

5. まとめ

  • 高尾山はハイキング気分で、普段着+スニーカーでOK!
  • 思った以上の人気!「予約なし精進料理」目当ての人はお早めに!
  • 歩いたら温まるかも…なんて気を抜かないで。山の上は寒いです!
  • 帰りの時間を計算に入れて出かけましょう。夕方から一気に暗くなります。

個人的にはいい写真も撮れましたし、子供の頃から
なんだかずっと気になっていた精進料理が食べられて大満足でした!
お子様のいる方は、食育の一環として訪れてみるのも楽しいかも♪
気軽に登れて東京からだと日帰りも出来るスポットなので、
みなさまもぜひ、休日に出掛けてみてくださいな。