NITE and DAY.blog

遊び人クリエイターKaiのオシゴト。

SNS(Instagram・Twitter・Facebook)活用の可能性について考えてみた【企業編】

f:id:doubleM:20171210175600j:plain

師走に入り、寒さが厳しくなってきましたね。でも、最近は寒さよりも花粉症に苦しんでいます。遊び人クリエイターKaiです。

前回の記事、SNS(Instagram・Twitter・Facebook)活用の可能性について考えてみた【個人編】はご覧いただけたでしょうか?今回は、企業の視点から見たSNS活用の可能性について考察してみたいと思います。

SNSを上手く活用するとどんなことができるのか?

個人では、趣味の時間やプライベートの近況報告を行なうことで友達と繋がったり、セルフブランディングにも役立てられるSNS。企業にとっては、どんな利用価値があるのでしょうか?

1. 情報発信 ↔ 情報検索ができる

今の時代、わざわざ企業ホームページを逐一チェックするユーザーは多くありませんが、日常使いしているSNSのフィードをチェックする、というのなら話は別。一昔前で言うところの、「TVを付けていたら流れてくるCM」感覚で公式からの告知や広告を閲覧してもらうことができます。

特に、Facebookの場合はユーザーが「いいね」を押したり「シェア」してくれた情報は、その友達にも表示されたり、Twitterでリツイートされることで爆発的にシェアが伸びたり…といったメリットもあります。Instagramの場合、拡散力は弱いものの 「#ハッシュタグ」で適切なクラスタに情報を発信することで、コアなファンが付いてくれることも期待できます。

2. 近況発信 ↔ コミュニケーション ができる

SNSが従来のホームページと異なる点は、双方向コミュニケーションが可能な点でしょう。一方的な告知や通知ではなく、1ユーザの声を拾って感謝を伝えたり、気軽に質問に答えたり…といったコミュニケーションを行なうことで、ユーザーが企業に対して抱く心理的距離は圧倒的に縮まります。

これを活かしきれていなくてもったいないな…と思う企業はたくさんありますが、一方で非常にうまく活用している企業もあります。

例えば…

SHARPの場合

公式の中の人らしからぬオモシロイ返しで人気です。

タニタの場合

思いっきりニッチなネタですみません…!でも、これをきっかけに(私を含む)ヴィジュアル系ファンの心を鷲掴みにしたのは間違いありません…。

ノザキのコンビーフの場合

このネタで一躍人気者になったノザキのコンビーフ。Twitterではこういったギリギリのライン(笑)のネタが人気ですね!

TOKYU HANDSの場合

まさかの、公式が辛口wで人気のアカウント。中の人退社の際にはファンから非常に惜しまれていました。

上記のように、適切なコミュニケーションを行なうことで、ユーザーからより一層愛着を持ってもらえます。

※もっと見たい!という方は、モーメントにまとめてみたのでそちらを御覧ください。

twitter.com

3. 企業間で仲良くイベントが発生する…かもw

コミュニケーションは「企業-ユーザー」間のみならず、「企業-企業」間でも行なえます。

タカラトミーの場合

玩具メーカーのタカラトミーが、IONAやキングジム、Calbeeなど他者アカウントの中の人を巻き込んで、リアルイベントで大暴れ!!w

matome.naver.jp

TOKYU HANDSとLOFTの場合

エイプリルフールに、LOFTが「ハンズです」とTweetしたのをきっかけに仲良くなってるw

matome.naver.jp

シャープ/タニタの場合

Twitter上の絡みから、まさかのコミカライズされる事態に…!?

matome.naver.jp


こういった個人的な(ように見える)絡みは、本来は大手の企業ほど規制が厳しく難しそうですよね。。だからこそ意外性があって話題になりやすい傾向にもあるようです。

4. 「ファンの声」が届くかも♥

あなたの会社は、ネットやSNSでエゴサーチ、行なっていますか??調べてみると、意外と知らないところで「ファンの声」が届いているかもしれません。かくいう私は「ぷちペイント」という名前で無料のイラスト素材サイトを運営しているのですが…エゴサーチしてみて初めて、Twitterで紹介してくださっている方がいたり、まとめサイトに掲載していただいていたり…という事実に気づきました!

こういったユーザーさんたちに感謝の気持ちを伝えることができるのもSNSの良いところです♪また、拡散してもらうための仕掛けやイベントを計画するのも楽しいですよね。

5. 流行りのネタで注目を浴びるかも♪

Twitterで時々話題になるネタ的なハッシュタグツイート。こういった「○○祭り」に乗っかることで、一気にアカウントファンを増やすことができる…!かもしれません。

#七夕の願い事

sirabee.com

#お前らしくないツイートをしろ

matome.naver.jp

#いいにくいことをいう日

togetter.com

どのアカウントも個性的で、Twitterの「うまいことを言う」風潮によく合っていますね(笑)

終わりに

バズりやすさはTwitterがダントツですが、一方でかなり個性を追求しないとフォロワーを伸ばすのがムズカシイのも事実。ネタ系やデジタル、ゲームやアニメと親和性の高いアカウントはTwitter、コスメやファッション、カラフルな写真などオシャレな写真が沢山撮れる系統の企業はInstagram、もう少しマジメなアカウントで、対象ユーザーの年齢層が少し高い場合にはfacebookを利用するなど、使い分けをすると良いかもしれません。

各SNSの特徴を捉えて、上手く活用してみてくださいね✦

役に立った…!という方はいいねやシェア、コメントなどしていていただけると励みになります!(*'ー'*)