スマホ写真がお金になる!キャンペーン写真が集まるアプリ、Selpyをご存知ですか?

一眼でインスタ映え写真を撮るのにハマっています。遊び人クリエイターKaiです。

今回は写真好きな人にとってもSNS活用中の企業にとっても役立つアプリ、Selpyについてご紹介します!

ストックコンテンツ系はお金になりにくい…?

これまでも「撮影ついでにお小遣い稼ぎができるかも!?」と評判のアプリ、EyeEmスナップマートに登録してみた私ですが…結局その後いっこうにお金にならず💧

※かなりの高確率で「プレミアム」にも選ばれたことを考えると、写真を撮るのがすごく下手だから…というわけではない…ハズ。

EyeEmに関しては、プロ・アマ問わず、全世界のハイクオリティな写真アカウントが集まっているのが良いところですが、審査まで非常に時間がかかることがネックです。

f:id:doubleM:20171210192427p:plain

スナップマートについては、逆に対象が「日本」国内で更に「インスタ映え」にフォーカスした写真が集まっているのが特徴的です。ただし、現在リリースされているのがiOSアプリのみで、PCからの写真投稿ができないなど、オペレーションの部分が発展途上と言えるでしょう。

f:id:doubleM:20171210192449p:plain

双方に関して、私が残念に感じていたのは下記の点です。
① ストックコンテンツ系のサービスは、いわば期限とテーマのないコンペのようなものです。サービス運営側からすると、コンテンツの数が命。一方で参加側からすると数が増えれば増えるほど競争率は上がり、「売れる」コンテンツはほんの一握り…。これは、LINEスタンプなどの世界でも言えることで、いたしかたないのですが、とにかく効率が悪いのです。

② どちらも、それぞれ自社サービス内でストックコンテンツを見せるスタイルのため、InstagramやTwitterなどで画像を投稿している場合、それぞれのサービスで投稿する必要があり、端末内のカメラロールも入り乱れるし、非常に面倒。

今回ご紹介するSelpyは、上記の2点をキレイに解消してくれた素敵アプリなのですっ✦

Selpyってどんなアプリ?

詳しくは公式の説明を見てもらうとよいのですが、スポンサー企業のリクエストに合った写真を、アプリ内からSNSに投稿すると、案件ごとに報酬が支払われる、という仕組み。

はじめは名目通り「スマホ写真を販売するアプリ」なのだと思って使い始めたSelpyですが、使用してみると実質はどうも違う様子。どちらかというと「写真を売る」というよりは、「SNSで投稿する行為」そのものに対して費用が発生する、いわば「投稿キャンペーン」アプリと言えるでしょう。

f:id:doubleM:20171211145003p:plain
↑ 企業リクエストのイメージ

Selpyのここがいい

① 投稿すればほぼ確実に収益になる!
ストック系コンテンツの場合、①写真を投稿する ② 公式による審査 ③買われるのをひたすら待つ というフローで成り立っているのですが、Selpyの場合は ① スポンサー企業からのリクエストが来る ② テーマに合った写真を投稿 ③ 審査&費用発生 というフローで、テーマが先にあるため、基本的に購入は確実✦ 徒労に終わらない感じがとても良いです。

f:id:doubleM:20171211145259p:plain
ちなみに、スタートして10日ほどでこのくらいの収益が。

② (サービスへの)写真投稿とSNSシェアがシームレス!
前述したように、写真販売系アプリに対して今まで不便だと感じていた点のひとつに、購入してもらうための告知を自分でしなければいけないという問題がありました。つまり、ひとつのサービスに投稿したらそれを自分のSNS上で「投稿しました、買ってください」と再度PRする必要があったのです。これはメンドクサイ…。Selpyの場合は「写真をSNS投稿する=リクエスト応募」なので、二度手間が省けます。

③ 企業がキャンペーン活用しやすい!
写真を投稿するユーザー側はもちろんのこと、企業のSNSマーケティング視点にたっても非常に便利なこのアプリ。#キャンペーン名付きの写真投稿を増やすのにピッタリのプラットフォームです。

Selpyの活用方法は?

ちなみに…さっそく利用している企業があるようですが、下記のようなテーマは私的にはあんまりイケてないですね…。

f:id:doubleM:20171211145351p:plain

f:id:doubleM:20171211145355p:plain

せっかくユーザーの投稿を促すのであれば、#検索結果が華やぐように、ばらつきのある投稿が期待できるようなテーマにするべきだと思います。

例えばHuluであれば「好きな海外ドラマは…?」とか、「最近見た映画」とかのテーマにしたらいいなと思いますし、食べログであれば、「食べログ検索で実際に訪れたお店」について投稿してもらうようにすればいいのにな…と。

今までリスティング広告でやっていた内容をただ画像に置き換えるのではなく、今後個性的な施策を行なう企業が増えるよう期待しています。
その前に、個人的には早期Androidアプリのリリースをぜひお願いしたいです。そしてカメラロールのデフォルトを設定できるようになればいいのにな…とも。

Selpyはまだβ版。今後の展開に期待です✦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です