noteでアイデア発送に関する記事書いてます♪

SDカードに1枚も写真が入っていないのに「カードがいっぱいです」と言われたら

F値という概念を理解してから、メキメキと写真の腕を上げている(と思い込んでいる)遊び人クエイタ―Kaiです!

 

今日はカメラ初心者の私が陥った、(今となっては)くだらないけど当時は結構深刻だった悩みと、その解決方法をを共有します!

Kai

ホントはかっこ悪いから記事にしたくなかったけど、きっと同じことで悩んでる初心者が他にもいるハズ!

SDカード、壊れた?

いつものように一眼で写真を撮ろうとしたある日。
カメラディスプレイに「カードがいっぱいです」の表示が。

 

16GBも入るカードで、入っているのは20枚程度のL画像。まさかそれで「いっぱい」と言われるはずもありません。

 

不思議に思いながらも、一旦SDカードをPCに差し、データを保護した後、カード内のデータを消去。

これで無事解決か…と思いきや。

データを消しても、カードがいっぱい?

なんということでしょう。

それでもまだ、カメラはカードがいっぱいだと訴えてきます。

Kai

寝言は寝てから言え。画像なんて1枚も入ってねーわ!!

複雑な想いが駆け巡るまま、Google先生に尋ねてみると。

 

検索の結果、カード内に「ゴミ(不可視ファイル)が蓄積している」という疑惑が浮上。

解決に向けて、迷走中

▼ とりあえず、不可視ファイルを表示させてみようとした。

※結論から言うとこの作業(不可視ファイルを表示させる)は必要はありませんが、参考まで。

参考:不可視ファイルの表示方法(Mac)

不可視ファイルが、消せない

不可視ファイル表示の結果、SDカード内の「.Trash」というファイルが容量を圧迫していることがわかったものの、「.」から始まるこのファイル、なんと普通にやっても消せません…。

 

× 無理やり名前を変えてみる→「エラー:-50」により消せない
× 無理やりコマンドで消す方法を試す→うまくいかない

 

ということで、途方に暮れていました。

正しい解決策は「カメラ本体でフォーマットを行なう」こと

友人に尋ねてみたところ、この問題の解決方法は「カメラ本体でフォーマットを行なう」という大変簡単なものでした。

 

私のカメラはCanon EOS Kiss X7。キャノンサイトの「カード内全画像消去」に惑わされました。

 

実際行なうべきなのはこっち→「メモリーカードを初期化」。

Kai

大嫌いなコマンドまで試したのに、、完全なる徒労。。

結果、フォーマット済みSDカードをいれたカメラは正常に戻りましたとさ。

皆さまはくれぐれも、こんな罠にハマらずに、楽しいカメラライフをお過ごし下さい(*_ _)ペコリ