NITE and DAY.blog

ルーチンを嫌う遊び人クリエイターKaiのシゴト観。

「いいアイデア」を出すために、やっておきたい3つの準備

バンド活動やハンドメイド販売を始め、最近ますます自己肯定感が増してきている気がする遊び人クリエイタ―Kaiです✦
そんなこんなで今ではすっかり慣れたものですが、「アウトプットを出して人からの評価を受ける」って、最初は非常にリスキィで怖く感じるものですよね。

仕事の場では、プレゼンなどがまさにその場ですし、家庭環境だと、例えばお料理なんかがそれに該当するかもしれません。今回のテーマ、アイデア出しも然り。最近だと、デザイナーやコンサルタント、営業職の方のように「人から評価されることに慣れている」人外にも増々求められるようになってきている、アイデア出しスキル。
今回はそんな「アイデア出し」がちょっぴり怖くなくなるかもしれない、アイデア出しの前準備に関するエントリです。

f:id:doubleM:20161201131153j:plain

 

1.「いいアイデア」を定義しよう!

みなさんは普段、どんな手順でアイデア出しを行ないますか?
アイデアが浮かびやすい場所は、しばしば「三上(馬上、枕上、厠上)」と言われます。要は、電車や車の中、寝る前、それからトイレのことですね。
そういった場所で、ふとフラッシュアイデアが浮かぶ場合はともかく、時には会議室でおもむろに「それでは今から5分間でアイデア出し!」みたいなケースもあるのではないでしょうか。

漠然と考え始めてもなかなかアイデアが出ない時には次の内容をぜひ、試して下さい。
個人で行う場合もそうですし、もしあなたがファシリテーターの役割をしてみんなからアイデアを引き出させたい時にも有効ですよ。

「いいアイデア」ってなんだっけ?

いやいや、それをこれから出そうとしていてだな…という声が聞こえてきそうですが、ゴールがなければゴールが出来ない、のと同様に「いいアイデア」の定義もなしに、出てきたそのアイデアが「いいアイデア」かどうかなんて、どうやって判別するんです??っていうのが私の持論。

既にイイと思うアイデアを持っているのなら

「こういうアイデアがいいなと思っている」ということを公開(あるいは認識)しましょう。
できれば「いい」と思う理由も添えて。

まだ「いいアイデア」が、見つかっていないなら

現状、何が「いいアイデア」なのかが定まっていないことを伝えましょう。その上で、アイデア例を挙げて、「こんなアイデアからこんなアイデアまで出してOK!」という振れ幅を示せたら100点!

※「ニワトリとタマゴ問題」でもある、この「いいアイデアの見つけ方」。ややこしくなるので、この定義の方法はまた別のエントリでお伝えしますね!

2.良い問題解決のためには良い問題提起が必要

数をこなすと気付くことですが「アイデア出しの方法」に次いで、実は「アイデア出しのテーマ決め」もなかなか悩ましいところ。学校の先生が試験で毎度「最適な難易度」の問題を作るのは至難の技だといいます。いい問題解決策を考えるには、いい問題提起が必要なんですよね。

日頃の不満を溜め込もう!

これは完全なる我流ですが、私の場合、常日頃「これが嫌!」と思った不満は書き留めるなり、人に伝えるなりして記憶に留めるようにしています。例えるならば、誰もが苦手な満員電車、すぐに穴の空くストッキング、それから子供連れベビーカーが通れない横断歩道、その他諸々のことです。

こうした事柄に対して日頃から敏感になっておくと、いざ何かのアイデア出しをする際に、意外なところで結びついて考えるきっかけになりますよ♪

要素分解に親しもう!

何かのアイデアを「いい」と判断した時、あるいは日頃の不満を溜め込む際に、ただ漠然と「それ全体」を評価するのではなく、「その事象のどの部分に対してその評価を下しているのか」を追求するクセを付けましょう。

例えばあなたが、「満員電車」に対してなんとなく嫌だなと感じているとしたら。
その理由が「人に押されるから」なのか「空気が殺伐としているから」なのか、「本が読めない」からなのか…などについて深く掘り下げて考えていくます。

また「満員」を定義してみるのも良いでしょう。あなたが満員と感じるのは「人と触れ合う程度」なのか「身体が浮く程度」なのか。あなたにとっての臨界点はどこでしょうか?

あるいはこれらを考える際に、「時間拘束が長くて嫌」とか「遊びに行くときであれば気にならない」などの気づきがあったとすれば、あなたに不快感を与えているのは「満員」という「状態」そのものではなく、「電車に乗ることそのもの」だということがわかります。


これらをあらゆる事象、あらゆるテーマ、あらゆるフェーズでやってみて下さい。
1ヶ月後にはふとした拍子に「いいこと」を思いけるようになっている自分に気づくはずですよ✦

後日、これらを実践した実例を公開しようと思います!お楽しみに♪

どんなアイデアを「いい」と感じる?
自分の基準を見極めよう✦