読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHAMELEON DAYS -カメレオンデイズ-

デザインTipsや一眼カメラ、アイデア発想法などについて書くビジネスブログ。

ブクマで使える!実践的【強調】デザイン講座 ~注目を集めるデザインの作り方〜

f:id:doubleM:20151218221424p:plain

ここ最近ライフ系の記事ばかりがやたら増えてしまったので、たまにはデザイナーらしく、まじめにデザイン手法について語ってみようと思います。
手始めに今回は【強調する】または【注目を集める】ためのデザインについて。

何かに「注目」させたい時に、デザイナーが無意識的・意識的に行なっているデザイン手法についてサンプルと共にまとめてみました。

 

手法1. 「異質なもの」を作り出そう

「男だらけの男子校に、絶世の美女が迷い込んだ!」みたいなシチュエーションでおなじみ。「異質なもの」は否応なしに注目をあつめるものなんです。

大小の差をつける/ボリュームをだす

f:id:doubleM:20151218221304p:plain
言わずもがな、ですが、大きい物はそれだけで無条件に人の目を惹きつけます。これは(少しひねくれたやり方にはなりますが)大小逆でも成立します。つまり、目立たせたいものは周りのオブジェクトに対してサイズ「差」を付けましょう、ということですね。

色を変える

f:id:doubleM:20151218221305p:plain
数の少ない色、地色とのコントラストの強い色、赤や黄色などの警戒色は無条件に目立ちます。
デザイナー以外の人がよくやってしまいがちなのが、色数を多くして、やたらカラフルにしてしまうケース。これだとすべてが目立ってしまって、逆に目立たせたいところが目立ちません。デザインには、「引き算」が必要な場合もあるということ、覚えておいてくださいね。

列を乱す

f:id:doubleM:20151218221306p:plain
整然としてる中、列を乱す何かがあると気になりますよね。

周囲に余白を作る

f:id:doubleM:20151218221307p:plain
ね?中央の「丸」が目に飛び込んできたでしょう?注目させたいものの周りには余白を用意して、「孤立」状態を演出しましょう。

形状を変える

f:id:doubleM:20151218221308p:plain
「野獣の中の一輪の薔薇」ですね。

手法2. 狩猟本能をかきたてよう!

「透け感のあるシフォンスカートと、長い(揺れる)耳飾りで気になるカレのハートをゲット☆」などのフレーズでお馴染み。狩猟本能をくすぐれば、ユーザの視線だって簡単に釘付けにできますよ。

動かす

f:id:doubleM:20151218221555g:plain
ちょっと動かし方にセンスが無いのはご愛嬌。注目させたかっただけですから!

光らせる/明度を上げる

f:id:doubleM:20151218221723p:plain
図のように、比喩的な意味で光らせるのでもいいですし、アニメーションで光らせるのもありですし、メタリックに輝かせたり、光沢をもたせたり。やり方は自由です。

手法3. 「お約束」事を利用しよう!

手法1+2だけではどうにもならない場合、奥の手の「装飾」を使いましょう。安売りスーパーやドラッグストアでよく見かける光景ですね。

赤や黄色は警戒色

f:id:doubleM:20151218221310p:plain
手法1の例とかぶりますが、良くも悪くも、人は警戒色を素早く察知し「警戒」します。単純に注目を集めるには「真っ赤」とかを使うと目に止まりやすいですよね。このエントリーのアイキャッチでも、その手法を使ってます。しかし逆に、「その次の一手」を期待するようなシーン…例えば、「押して欲しいボタン」そのものに赤色を使ってしまったりすると、人が「警戒」した結果押してくれない、なんて事態も考えられます。その辺りには注意が必要ですよ。

太字や下線に注目

f:id:doubleM:20151218221311p:plain
学校で先生がよくやるシリーズ1。ここにちゅうもーく!

びっくりマークや矢印は注目の的

f:id:doubleM:20151218221312p:plain
学校で先生がよくやるシリーズ2。テストに出ますよ!

丸印はなぜか気になる

f:id:doubleM:20151218221313p:plain
学校で先生がよくやるシリーズ3。つーまーりっ!これ!!!!

よくある普通のトゲトゲラベル

f:id:doubleM:20151218221314p:plain
同じ「ラベル」でも、頂点(ギザギザ)の数が多ければ多いほど、人の注目は集めやすいようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今日から使えそうな強調手法はありましたか?
やり方は他にもあるかもしれませんが、ある程度、網羅したつもりです。

デザインが本職ではない方でデザインにお悩みの方には、ご参考にしていただければ嬉しいです。
デザインが本職の方で「もっとこういうのもあるんじゃない?」といったご意見のある方は、ぜひご指導・ご鞭撻お待ちしております!