カメレオンデイズ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメレオンデイズ

デザイナーdoubleMによる気ままな記録スペース

貸し切りヴィラで【大人のBBQ】をやってみた

やってみた シェアハウス生活 歳の数だけチャレンジ

夏を満喫しすぎて、すっかり文章を書くことを忘れていたdoubleMです。
気づけばもう9月…。来月10月は私の誕生月。「年の数だけチャレンジ」の期限も間近ということで、今月は溜めに溜めた「29歳でやったこと」レポートを公開していこうと思っています。

まずは直近の遊びから。
今夏最後の海遊び!!ということで、シェアハウスの住人たち貸切ヴィラBBQに行ってきました♪控えめに言って最高だったので、リア充満喫したい方には心からオススメです!

f:id:doubleM:20160918220444j:plain

達成した"初体験"
貸し切りヴィラでBBQ!!
うつぼを食べる



向かった先はヒリゾ浜

find-travel.jp

目的地はこの南国と見まごう美しい海、ヒリゾ浜。
宿泊先はお部屋 | ヴィラ弓ヶ浜の別館。

旅程は…盛りだくさん過ぎるので、とりあえず時系列でご紹介します!

レンタカーを借りてみんなでしゅっぱーつ✦

シェアハウスのエントランスに朝6:00集合です。全員同じ家の住人なので、寝坊の心配はありません。
ええ。寝ていても部屋まで迎えに来てくれる心強い早起きがいますからね。
そして素晴らしいことに12人もいれば、車が運転できる人だってバッチリいるのです。

2台に分かれた車中ではクイズ大会が繰り広げられていました。このクイズ大会の勝敗によって、明日の朝ごはん当番が決まるのです。これは、負けられない戦い…!!

伊東で絶品朝食

長ーい道中。まずは腹ごしらえの為に、伊東に寄って絶品の漁師飯を食べましょー♪
f:id:doubleM:20160918181124j:plain

行ったのは(多分)ここ→【静岡県伊東市 道の駅 伊東マリンタウン 伊豆中 ばんばん食堂
ここで食べたアジは、今まで食べたアジの干物の中で一番の美味しさでした!!

目的のヒリゾ浜に到着♪

がしかし、駐車場も人も既に混雑状態とのことで、入れ替えの時間まで時間をつぶすことに。

あいあい岬でハイキングを楽しもう

12人の大人が隊列を組んで、「勇者御一行」よろしくハイキング。

f:id:doubleM:20160918181733j:plain
ご覧ください、この晴天。台風の予報だったんですけどね。暑いのなんのって。

f:id:doubleM:20160918181840j:plain
見えてるのに…見えてるのに!!!順番はまだかー!!

着替えや荷物準備をして、いざ出発✦

f:id:doubleM:20160918204010j:plain
バシュッと船で、シュノーケリングスポットに向かいまーす♪
透明度が半端ない南国リゾートのようなヒリゾ浜でシュノーケリング。

f:id:doubleM:20160918204051j:plain

「クラゲはいない」と聞いていましたが、ほのかに肌がぴりっとしたのに恐怖しつつ…ちいさなぷよぷよが浮いていたのにもハラハラしつつ…結局何事もなかったのであれはクラゲじゃなかったのだろう…と事後に自分に言い聞かせましたw
コバルトスズメダイの稚魚なんかもいてとっても可愛かったですよ♥

「おばあちゃん家」感漂う貸切 "ヴィラ"へ

海を満喫した後は、貸し切りヴィラへ。コレが外観です。
f:id:doubleM:20160918215718j:plain

室内。
f:id:doubleM:20160918215722j:plain

おお。扇風機までw
f:id:doubleM:20160918215724j:plain

私の実家は代々東京なもので「田舎のおばあちゃんち」というものはありませんでした。ずっと憧れていたおばあちゃんち…あったらこんな感じなんだろうと、ワクワクしつつ。。虫の存在にビクビクしつつ。。。「虫退治」要員が全部屋に蚊取り線香をセットし、ヴィラ生活スタートです!!

みんなで交代でお風呂に入りつつ、ワイワイBBQ準備

うちではもはや恒例となった(^_^;)塊肉の解体調理

f:id:doubleM:20160918220052j:plain

あのですね、10人を超える人数で家でパーティをやるとなると、料理のボリュームも結構すごいわけで…。最近では塊肉を入手する人が出てきたんですよ。そんなこんなでうちではもはや恒例…どころか、人から人へ口頭伝承のように、肉の解体(筋をとったりスライスしたり…)の技術が伝わっていっているのです;

洗濯も各々こなしつつ…

お風呂に入れば洗濯物が出ます。日中海にも行ったので、水着もありますし…ということで、みんなの洗濯物がズラ〜っと。
「ごめぇええん!これも干しといて!!」「OK」みたいなやり取りが出来るこの自由さと快適さは、日頃一緒に住んでいるシェアハウスの仲間だからこそ。

f:id:doubleM:20160918220724j:plain

BBQ開始!

ローストビーフやらうなぎやらサムゲタンやら…もはやBBQではないメニューの並ぶBBQ(奉行付き)が始まりました。
もちろん死ぬほどお肉も食べました!

f:id:doubleM:20160920222645p:plain

一晩で酒瓶がいくつも空く恐ろしい仲間たち。
この日も美味しい日本酒だったぁ(●´u`●)

f:id:doubleM:20160918220534j:plain

小休憩

持っていっていた手持ち花火を消化しつつ、潰れる人は潰れ、私はと言うと夜も更けるまで食べては飲み、食べては飲み…

f:id:doubleM:20160918221134j:plain

新月の夜に響く歌

夜中は虫に怯えながらも新月の夜の星空を楽しみながら歌しりとりをしましたw
写真はありませんが、この日の星空、ホントすごかったんですよ!!!
運良く新月だったのか、空に月明かりもなく、周りに民家も無いので外が本当に真っ暗で。
しかも、民家がないからこそ「深夜までいくら騒いで頂いてもOKです」との管理人さんのお言葉も頂いてます!!ヤッター✦笑
オリオン座が見えてくる頃、隣に寝転んでいた「朝ごはんチーム(かつ釣り班)」にふと「明日何時起き?」と聞くと、あろうことか「4時半w」という返事が帰ってきたので、急いで就寝することになりました。
布団までの道中、虫騒ぎがあったのもまた、ご愛嬌。

ヴィラでの朝食

目が覚めるとなぜか「釣り班」の収穫の「うつぼ」が食卓に…

調理前。
f:id:doubleM:20160918221723j:plain

調理後。
f:id:doubleM:20160918221759j:plain

このウツボ、カニが入っている予定のカニカゴに何故か入っていたのだとかw
「歳の数だけ初めてのことチャレンジ」のうちの珍しい食べ物シリーズが、思いがけず埋まってしまうハプニングとなりました…。

ちなみにカニは結構そこらをのんびり歩いていたのですが…この日は収穫ゼロw カニだってそりゃあウツボと同衾はしたくないですよね。
f:id:doubleM:20160918222019j:plain

二日目は温泉を満喫後、足湯が楽しめるパンやさん(!?)へ

ノープランだった2日目。こーんな素敵なパン屋さんを発見し、優雅な昼下がりを過ごしました。

f:id:doubleM:20160920214652j:plain
場所はこちら→【静岡県 伊豆 吉奈温泉 | 東府やResort&Spa-Izu | 公式ホームページ

帰路

途中、わさびアイスを食べて休憩をとりつつ

f:id:doubleM:20160920215158j:plain
帰りの車中もワイワイしながら全員で同じ家に帰る、この安定感。。
自称「晴れ女&晴れ男」が集まって、なんと富士山を眺めながらのドライブでした。

f:id:doubleM:20160920215242j:plain

今回の旅の参加人数はなんと12名。大人になってからこんな人数で遊ぶことってあります!?笑

「家族の人員が多ければ多いほど一族の力が強くなりやすい」的なことを言っていた社会学者って誰でしたっけ??まさにそんな感じで、個々の得意分野が活かされる、非常に快適かつ楽しい旅でした。

宣伝

実は今回の旅、シェアハウスに長く住む友人の送別会を兼ねたイベントだったのでした。こうも盛大なイベントになるとは。流石の人徳ですね(笑)
大人になってから「利害関係なく」「男女関係もなく」フラットな友達を作るのって大変(-_-;)と思ったことってありませんか?
シェアハウスはそんな、「自然体で過ごせる友人」を作るのにも最適な場所です。もしご興味があればぜひ、見学に訪れてみて下さいな。
ちなみにオークハウス系をご検討でしたら、このブログ経由の申込みで割引が受けられるのでご利用下さい✦

次は鮎釣りに行きたいなー!

【シェアハウス生活のススメ 01】シェアハウスってどんなところ?

やってみた ライフ・雑記 シェアハウス生活

お久しぶりですdoubleMです!
何を隠そう実はわたくし、2年ほど前からシェアハウス生活をしています。

f:id:doubleM:20160513164030j:plain
シェアハウスと言っても、120人くらいが生活する大規模物件なので、
マンションタイプの…とか、寮みたいな…といったほうがイメージし易いかもしれません。

最近どうも、世の中的にシェアハウスに興味を持っている人が増えてきているようで、友人たちから少しずつシェアハウスに関して質問をもらうようになってきました。このエントリでは2年3ヶ月ほどシェアハウスに暮らしている私の目線から、リアルな「シェアハウス」についてお伝えしていきたいと思います!

この記事でわかること
マンションタイプのシェアハウスってどんなところ?



正直に言います。実はシェアハウスなんて○○と思っていました

実は私、今の家に住む以前は、シェアハウスというものに対してあまり良いイメージを持っていませんでした。
まず第一に、なんとなく貞操観念が薄かったり、人との親密な交流に抵抗のないパリピが住まう空間だと思っていましたし、更にお金のない人が泣く泣く住む家、という印象もありました。人間関係がめんどくさそうですし、「人のために」みたいな精神を全くもって持ち合わせていない私としては、見知らぬ人との共同生活ごみ捨て当番とか風呂掃除とか、冗談じゃない…!!とも思っていました。

シェアハウスに興味を持ったきっかけ

そんな私がシェアハウスに興味を持ったきっかけは、ある広告でした。
シェアハウスというと5,6人で一軒家に住まう、みたいな光景を想像していたのですが、広告を見るとなにやら様子が違いました。
・ホテルのような外観
・広々とした共有スペース
・スモーキングルームやらフィットネスルームがある
・清掃業者が週5で入る
・フリーWi-Fiも常時飛んでいる

こういった情報を得て、おや?と思ったのですね。

結構進んでた!最近のシェアハウス事情

コンセプト特化型も続々増えるシェアハウス市場

まるでホテルのようなシェアハウス広告を見てからというもの、少し「シェアハウス」というものに対する見方が変わったわたくし。他にはどんなタイプがあるのか、色々調べてみました。そこでわかったのが…最近のシェアはハウスによって色々なコンセプトがある、ということ。

例えば
・動物好きのためのシェアハウス
・シングルマザー向けシェアハウス
・音楽好きのためのシェアハウス
・語学が学べるシェアハウス
・ダイエット特化型のシェアハウス

などなど。

こうして見てみると、そもそも目的が同じ人同士が集まって住むことになりますから、仲良くなるのも早いし、情報交換などにも便利そうですよね。

ちなみに個人的には、自由に歌を歌いたかったため「防音ルームがついている」ことが絶対条件でした。
#最近のシェアハウスにはシアタールーム付きの物件も増えてきているので、こういったハウスの場合は大抵防音設備付き、と考えてOKです。

規模も色々「シェアハウス」から「ソーシャルアパートメント」「ソーシャルレジデンス」へ

もちろん、家の規模も色々です。例えば私が最初にイメージしたような5-6人で家をシェアする一戸建てのタイプもあれば、女性限定の物件で30戸ほどの物件や、260人もの人が住む物件まで色々存在しています。
傾向的には、小規模物件は安いものの基本的にはルール作りも含めて「自分たちで」生活していくスタイル。ごみ捨てや掃除も当番制、といったシステムになっているようで、その分住人同士の仲はより深まりやすそうです。逆に大規模物件であればあるほど、ちょっと値段が高めだけども設備が充実していて清掃も業者がガッツリやってくれる、という印象です。まぁ、運営を考えればそのあたりは自ずとそうなるでしょう。という感じですね。

先に述べたように、私は慈善精神にかけるため大規模物件を選択しました。

住民層が結構大事

コンセプト別物件で趣味の合う人が見つけやすくなるのも重要な事ですが、やはり全体的な「住民層」の区分けって大事。
住民同士の接点が多い分、防犯上の心配が少ないのがシェアハウスの良いところではありますが、逆に運営の目が届いていないようなハウスでは盗難事件などのトラブルの心配もあります。また、留学生が多い物件では語学が学べるメリットがありますが、あまりにも日本語が通じない人ばかりがいるのはそれはそれで辛くなる可能性もありますね。

私の場合、初めてのシェアハウス生活ということもあり、きれいさや清掃業者の訪問頻度、その他設備などを考慮した結果、安さ重視ではない物件を選択しました。

で、結局シェアハウスってどんなところなの?

私の家に関して言えば、世話好きの私よりちょっと年上(30代半ばくらい)のおにーさんおねーさんが多い、快適なハウスです。時々友人をフィットネスルームで見かけるので、そんな時だけ都合よく便乗してデッドリフトを行ないます。歌が歌いたくなったらシアタールームを予約。「歌ってみた」用の宅レコもここで行ないます。ひろーいリビングでは、友人プログラマがSOHOをしているので、困りごとがあれば彼らに相談します。夜はキッチンドランカーをしていると、どこからともなくおつまみ(を持った友人たち)が集まり、いつのまにかが始まります。…とこんな感じ。シェアハウスあるあるについては、また別のエントリで。

シェアハウス生活をお考えの方へ

最近のシェアハウス業界はターゲット層が本当幅広く展開されていて、金額面の他、住民層や設備、コンセプト、運営会社の対応や管理人のあるなしなど、総合的な判断が必要になりますが、ベストな選択ができれば非常に快適に過ごせます。

例えば、私が調べた限りでは音楽設備面については船橋にある【Grace note】 という物件が至高でした。見学に行った結果、少し値ははるものの、その他の点に関しては申し分ない素晴らしい物件だったのですが…いくつかの不動産会社の対応を鑑みて見送ることになりました。こういった不動産会社との相性判断も結構重要だと思っています。

ご興味のある方は、まずは決め打ちをせず、色々検索をしてみることをオススメします。
ちなみにオークハウス系をご検討でしたら、このブログ経由の申込みで割引が受けられるのでご利用下さいな✦(あ、回し者です!)

次回予告

【シェアハウス生活のススメ 02】一人暮らし→シェアハウスへの引っ越しビフォーアフター

【形式】アパート→マンション
【交通】駅から徒歩2分→駅から徒歩10分
    新宿まで23分→渋谷まで30分
【広さ】8畳+サンルーム→7畳+ベランダ
【家賃】月7万→月8万代

一般的な家探しで重視する点は、「金額」「広さ」「交通」それに加えて築年数、くらいでしょうか?これだけ抜き出してみるとなんのメリットも感じないこの物件ですが…+αがすごかったので、引っ越しを決めました。

【つまづいたらチェック!】フラットデザイン採用時に起こりがちな問題点と解決策

デザイン デザイン講座

f:id:doubleM:20151125225207p:plain

※この記事は2015-11-25に書いた文章のリライト記事です

スマホアプリのデザイン制作に携わって4年目に突入しました。
移り変わるデザイン事情を現在進行形で楽しくお勉強中のデザイナーdoubleMです。

今日は、フラットデザインを作成する際に現場で起こりがちな問題と、その問題に対してデザイナーが現場で行なっている地味な努力について、公開してみようと思います。

この記事の狙い
「シンプル過ぎてどうも扱いが難しい!」フラットデザインを

「オシャレで洗練された」フラットデザインに!!



フラットデザインてこんなやつ

フラットデザインというと、きっとみなさまが思い浮かべるのはこんなデザインじゃないでしょうか?

f:id:doubleM:20151122231536p:plain

ペタッとしてて、ノイズ(余計な情報)がなく、かつかわいらしいので私もフラットデザインがもてはやされる昨今の風潮は気に入っています。

その半面、フラットデザインは実はデザイナー取扱い注意な側面があることも、ご存知でしたでか?

現場でありがちな、連動課題

「流行りのフラットデザインにして!」
こんなオーダーをもらった際、杓子定規に先ほどのようなフラットなパーツで全体のデザインをするとどうなるか…。大抵は、こんな反応が返ってくるんですよね。

・ちょっとシンプルすぎる
・"押せる"感が足りない
・もう少しリッチな印象にしたい

こうした反応に対して、そもそも論としての「フラットデザイン」の精神性を説いたり、アニメーションで補完したりすることもできますが、私がよく取るのはこんな手法です。

課題解決の一例("良い"デザインのための考え方)

f:id:doubleM:20151122233839p:plain
各所で厚み、影、光を表現していますね。

これを見て、これじゃフラットじゃないじゃん!立体じゃん!!と思った方。その感覚ももちろん間違いではありません。

(ここからは、今お見せした例じゃ納得行かない!という方向けの解説になります。)

優先すべきは何か

「チーズバーガーのチーズ無し」と同じように、「フラットデザインで、シンプル過ぎなくてリッチな感じ」はすでにオーダーが破綻しています。

トレードオフ(両立不可能なこと)が含まれるオーダーが挙がってきた場合、まず確認すべきは誰にとって何が今、一番優先すべき事項かということです。

私はUIデザイナーにとって最優先すべきことは、「機能」を表現することだと考えています。

その前提に立って考えた時、例えば先ほどの指摘の中でユーザーにとって最も影響をあたえるのは「押せることがわからないこと」つまり機能が伝わらない点です。UXを考える上で、ユーザーに使いかたが伝わらなくては話になりませんね。
その上で、その他の装飾部分を極力クライアントの希望に寄せることが、最もシンプルで丸く収まるデザイン方法だ、という個人的な方針でこの先を進めます。

言葉の定義を掘り下げる

次に、クライアントの言葉の定義を掘り下げる必要があります。

例えば…ですが。
シンプルすぎる
 → どのラインから「シンプル」ではなくなるのか、逆にどこからは「派手」になってしまうのか
"押せる"感が足りない
 → どうであればユーザは押せる、と認識するのかまた、どの層のユーザーについて言及しているのか
  (※ 高リテラシーユーザはすでにフラットデザインに慣れている)
もう少しリッチな印象にしたい
 → なにをもってリッチと認識しているのか。リッチはシンプルの対局にあることを理解しているのか。
などなど。

もちろん、上記項目はクライアントに直接質問しても答えは出ません。
というか、逆効果ですのでデザイナーは自分でこれを探る必要があります。

これと同時進行で、クライアントの言う「フラットデザイン」についても掘り下げる必要があります。
上記のようなオーダーが入っている時点で、すでにクライアントは「フラット」であることを望んではいません。
あくまでも、「フラットっぽい」デザインを望んでいることが伺えます。では、クライアントの感じるフラットっぽさ、とはなにか。それさえ分かれば、ここだけを外さずに、あとは自由にやってよし!と解釈できますね。

外さないポイントは独自にルール化

先ほどお見せした展開例(画像)はほんの一例ですが、あの中でも私が独自に決めているルールが有ります。

f:id:doubleM:20151122234456p:plain

例えば
・シャドウにボケ足を付けない
・光を表現する場合もグラデーションは使わない
・色の数を増やさない

などです。

こうすることで、説明可能なデザインが生まれます。

まとめ

デザイナーは現場で、奥ゆきのあるフラットデザインを作ってる!!

少し説明が冗長になってしまった気もしますが、
今回はデザインの現場で行われているUIデザイナーの思考回路を簡単に公開してみました。
(実際はもっと複雑な政治的事情なんかも絡んできて紆余曲折することも多いのですが…笑)
「デザインで問題解決をする際、どう考えていいかわからない」
と感じている方に、ひとつのサンプルとしてご覧いただければ嬉しいです!