カメレオンデイズ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメレオンデイズ

デザイナーdoubleMによる気ままな記録スペース

幼子たちによって浄化された言葉たち

考え方 ライフ・雑記

言語系の大学を出た割に、相変わらず「世界で最も好きな言語は日本語!」のdoubleMです。

f:id:doubleM:20160604154000j:plain

今回は非常にプライベートな話ではあるのですが、姉の子供たち(つまり姪っ子&甥っ子)たちによって浄化された私の言葉遣いに関する思い出話エントリです。

最近周りの人から「(言動が)見た目に反してマイルド」とか、「表現が意外と優しい」とか「愛のある毒舌家」とか「芯があるのに甘い声(←なんのこっちゃ)」とか「丸くなった(←外見のことではないことを祈る)」とか言われる私ですが、今振り返ってみると、過去にはこんな表現を使うことが多かったな、と実感しています。

否定型フレーズ→共感型フレーズへ

「(うっわ)○○じゃねーか」(ドン引き)
「(すっげぇ)○○だな。」(評価)
「(ってか)○○じゃん。」(断定)
「(だーから)○○だろ。」(指導)

こう並べてみると、語調の強さもさることながら、全体的に、どこか否定的に響く言葉を多用していましたね(苦笑)

この私の表現が「口が悪い」部類に入ることに気付いたのは、大学に入って方言圏出身の友人たちと話している時でした。「私の言葉遣いが悪い」というよりも、「方言て優しいな」と感じたのを覚えています。

上記のフレーズたちも、そもそも今振り返ってみれば「女がそんな言葉遣いをするな」と批判を浴びそうな言葉遣いですが(苦笑)東京都の中でも、特別「がらっぱち」な口調で有名な下町生まれの私ですから、子供の頃からこういった言葉を使う人たちの中で育ってきたため、この時はまだ、(違和感に気付きはしたものの)改めて「言葉遣いをなおそう」という発想には至りませんでした。

そんな私の元に姪っ子たちがやってきてから。いつのまにか私の使う表現にこんな変化が生まれました。
「(うっわ)○○じゃねーか」(ドン引き)
→「うわー○○だねぇ」(同情)

「(すっげぇ)○○だな。」(評価)
→「とっても○○だねー」(賞賛)

「(ってか)○○じゃん。」(断定)
→「そうなのー?でももしかしたら○○じゃない?試してみよっか!」(提案)

「(だーから)○○だろ。」(指導)
→「そうだったかぁ。じゃあ次は○○にしてみようね。」(応援)

客観的に見ると、随分と「折れる」ことが上手になったなと感じます(笑)
私自身は下町気質であまり辛抱強くない方なのですが、子どもと接していると、「思い通りにならないなぁ;」と感じるシーンに沢山遭遇します。彼らは感情もストレートですから、こちらが嫌な言い方をすれば素直に「嫌だ」とへそを曲げます。

でも、冷静に考えてみればこれは対大人であっても同じお話なんですよね。大人になればなるほど、世間体やプライドが邪魔をしてストレートに表現しなくなる、という傾向にあるだけで、大人だって、心無い言葉を受けて不快に思ったり傷ついたりしているのです。

そんなようなことを悟ってからというもの、私自身の言葉がだいぶストレートに変化しました。…いえ、昔からストレートはストレートだったのですが、、なんというんですかね。。例えば……

二人称「あなた」の話から一人称の「私」の話へ

嫌なことを言われた時。読者の方々はどんな風に対応しますか?私はいかんせん負けん気が強い性分のため、結構真っ向から対決を挑む方です。不平等は許せても理不尽が許せない性質なんですよね。

なので、たとえ上司や目上の人であっても、「なんでそういう言い方なんですか?失礼ですよ」とか「その言動は人として最低ですね」みたいな言葉を発しがちでした。(流石に表現は丸めますが)

これが、幼子たちとの会話では「そんな言い方をしたら(私が)悲しいよ。」とか「おや、意地悪な言い方だね…喧嘩したくて言ってるの?」といった言い回しに変化します。

世界はバイアスに満ちている

今でこそ、「常識」というのは幻想でしかないと考えるようになった私ですが、世の中には未だ「こんなこと知っているのは常識」といった言葉が飛び交っています。

「常識」というのは同じような歴史・文化・言語背景に加え、家庭の状況や学歴など、様々な類似クラスタに属して居る人同士が初めて共有できる魔法のショートカットキーです。それを、別クラスタの人と偶然接触した大人が浅知恵で「常識がない」などと一蹴するのは、そちらのほうがむしろ笑止千万。

それよりはむしろ、(相手が大人であったとしても)「(この言動は)自分にとってはこういう意味を持つんだけど、あなたにとっては違うの?」という確認作業が合ってしかるべきだと思うのです。

悪口を丸める

「馬鹿」とか「アホ」とか「嫌い」とか、そういう言葉を子供たちの前で使わないように意識しました。
この手の悪口は、結局小学生くらいになれば結局テレビや学校で自然と覚えてくるものなのですが、それ以前に無駄に沢山触れされる必要はないと、私の一族は考えています。

そのため、子供たちが生まれる前は「ばっかじゃねーの」とか「これ嫌い」とか言っていた私ですが表現を意図的に丸めた結果「それってヘンテコだね(笑)」とか「これ苦手ー;」とか「好きじゃない」みたいな言い回しを使うようになりました。

常日頃からこういった言葉を使うようになった結果、基本表現が優しくなったようで、「doubleMのフレーズは、自分に正直で良いよね」という評価を得るようになりました。
今まで「死ね!」といっていたシーンで「次やったら絶交だからね!」みたいな表現が出てくる事実に、自分でもちょっと笑えます。

褒め言葉も同様

ここまでは、かつて使っていた悪台詞をいかに丸めたか、というお話ですが、実は褒め言葉も同様です。
姪っ子たちが生まれてからというもの、とにかく人を「褒める」シーンが増えました。
日本文化においては、評価というのは上から下にくだすものであって「目下の人間が目上の人間を褒めてはならない」という暗黙の「常識」が存在します。でも、褒められて嫌な人って、本当はいませんよね。

先日@はっしーさんのこちらの記事を読んで、実は同じように感じている人って世の中にたくさんいるんだなぁと実感しました。
nzmoyasystem.hatenablog.com

責任追及ばかりされる日本の大人ですが、もっとお互いを認め合えるようになりたいものですね。

まとめ

ちょっぴり支離滅裂なエントリになってしまいましたが、言いたいことは簡単です。
 子供が嫌なことは大人も嫌、子供が喜ぶことは大人だって嬉しい
 議論をする時は自分の感情をストレートに伝えよう
 賞賛の言葉も素直に伝えたらいいじゃない

「それでもやっぱり目上を褒めるのは…」と感じるあなたにはこのフレーズがオススメです。
「(こんなことができるなんて)○○さん、天才なんじゃないですか!?」

ちなみにこれ過去に何度も言ってみたことがありますが、笑われこそすれ怒られたことは一度もありません。
ぜひ使ってみてくださいな(^_-)

デザイナーやエンジニアにとっては周知の事実だが、一般にはどうやらあまり知られていないらしい8つのこと

デザイン 仕事効率化 ツール

デザインしているさまを後ろから覗き込んでいた友人に「きゃー!なにこの、めくるめく感じ!」と言われたdoubleMです。
なんだかよく分からないコメントですが、こう言われるのはコマンド使いの宿命だそうです。

f:id:doubleM:20160628214117p:plain

先日、赤髪デザイナーが黒髪眼鏡プログラマさんに助けられた話。 - カメレオンデイズというエントリーで友人プログラマに助けられた話を書きました。

この手の効率化の話って、意外と色んなところに転がってるんじゃないかなと思ってまして、私が助けられたお返しに、誰かの役に立ちそうなことを私も考えてみよう、というのが今回のブログの趣旨です。

この記事の狙い
「この作業って地味にめんどくさいんだよね。」を機械化、自動化する!

↓ご存知でしたか…?↓



 100枚の画像リサイズは一瞬でできる

複数枚の画像をリサイズしたい時、PhotoshopやWEBツールを利用するのもいいですが、Automatorを使えば一瞬だって、ご存知でしたか?

手順1. リサイズしたい画像をまとめる
手順2. オートメーターを起動→新規→ワークフロー
手順3. 下の画像の通りに、ファイル及びアクションを配置
手順4. 右上の「実行」を押したらハイ完成

f:id:doubleM:20160619010421p:plain

※画像の設定だと、結果はデスクトップに書き出されます。

注意点
サイズは「長辺」で合わせてくれるらしいので
縦長画像と横長画像が混在している時には、
縦長・横長2回に分けて処理すると良さげです。

 JPEG→png変換は10秒でできる

同様に、JPEG→ png変換だって、Automatorを使えば一瞬でできてしまうんです。例えばWEB制作などで、色々な場所から色々なファイル形式で画像が届いてしまった時などに使いたい機能ですね。

手順1. 拡張子変換(あるいはファイル形式変換)したい画像をまとめる
手順2. オートメーターを起動→新規→ワークフロー
手順3. 下の画像の通りに、ファイル及びアクションを配置
手順4. 右上の「実行」を押したらハイ完成

f:id:doubleM:20160627173654p:plain

※拡張子はBMP,PNG, JPEG,TIFFから選択できます。

 ファイル名の連番書き換えは30秒でできる

手順1. リネームしたいファイルをまとめる
手順2. オートメーターを起動→新規→ワークフロー
手順3. 下の画像の通りに、ファイル及びアクションを配置
手順4. 右上の「実行」を押したらハイ完成

f:id:doubleM:20160627174757p:plain

この通り結構細かく指定ができるので、事前にネーミングルールを決めておくと良いですね。
f:id:doubleM:20160627175032p:plain

WEBやアプリ系の膨大な画像パーツを管理するのにも非常に便利ですよ!
※個人的には、数字を3桁に(3ではなく、003に)する設定があるのが最高だな、と思っています。

 その画像ファイルは80%サイズダウンできる

WEBサイトを作る際や、ブログを投稿する際、画像ファイルが重すぎて表示が遅くなる、という問題が発生することが有りますね。そんな危機を回避するために便利なのがこのツール、TinyPNG。
tinypng.com

手順1. 容量ダイエットしたい画像をまとめる
手順2. 上記URLにアクセス
手順3. 画面の真ん中に画像をドラッグアンドドロップ
手順4. 圧縮されたファイルをダウンロードしたら、ハイ完成!

ファイルにもよりますが、70〜80%程度の容量削減が見込めます。特に、容量リミットのあるバナー画像などにはうってつけなんじゃないでしょうか。

 そのPDFファイルは70%程度は圧縮できる

DTPデザインなどをする際、pdfファイルを扱うことがありますね。画像を大量に含むファイルの場合、こちらも容量がすごいことになってしまうケースがままあります。そんな時にはSmallpdf。
smallpdf.com

手順1. 容量ダイエットしたいPDFを用意する
手順2. 上記URLにアクセス
手順3. 画面の真ん中にファイルをドラッグアンドドロップ
手順4. 圧縮されたファイルをダウンロードしたら、ハイ完成!

 サンプルテキストはジェネレーターで作れる

サンプル書類を作るときやWEBサイトを作る時…あるいはなにか、説明書とかでもいいですね。そういったモノを作成するときの「サンプルテキスト」。「さんぷるてきすとサンプルテキストSample Text…」とかっていちいち入力するのって面倒じゃないですか?
そういった場合に使えるのが、ダミーテキストジェネレータ。

英語版だとこの文章で作るのが主流で
www.lipsum.com
日本語でおすすめなのはこちらです。
ダミーテキストジェネレータ | Web制作小物ツール - dounokouno.com

他にもいくつか候補はあるものの、古典文学の引用文とかですと、結局中身に目が行って気になってしまう問題などもありますし、シンプル・イズ・ベスト、ということで今回はこちらをピックアップしてみました。

 文字カウントはWordを使わなくてもできる

Wordなんて使ってねーし!!という方も、まぁまぁ、お聞きくださいよ。WEBサイトやバナー制作をデザイナーに頼んだ際、キャッチコピーやテキストを「何文字以内でください」なんて言われることは無いですか?
1文字ずつ数えるのは結構辛いと思うので、こんなツールをブックマークしておくと便利ですよ。
www.nummoji.kenjisugimoto.com

手順1. 直接入力か、コピペするだけ!

「空白をカウントしない」とか、「半角英数字2文字で1文字」といった、かゆいところに手が届く設定項目が準備されているのが素敵ですよね✦

 お願い:画像を送るならまとめてzipファイルに

最後の1個はゴメンナサイ、デザイナーからの「お願い」です!

複数枚の画像を送ってくださる際、1枚1枚メールに添付してくださったり、なぜかExcelに張り付けて送ってくださる方をよくお見かけします。
3枚以上の画像をやり取りする際は、(Google Driveのリンクを共有してくれ、とまでは言いません!)せめて、まとめて1つのzipファイルにして送ってください!!

zip化の手順は下記の通りです。
手順 1. 送りたい画像を フォルダにまとめる
手順 2. Windowsの場合は右クリック→ 「送る」→圧縮 (zip 形式) フォルダーを選択。Macの場合は「MacWinZipper」のアプリをインストールするのが便利です。

これをやっていただけると、添付する側もダウンロードする側も1度の手間で済みますので、お互い無駄な時間が省けますよ♪

いかがでしたか?

お役に立ちそうな項目はありましたでしょうか??
前半にMac限定の項目が多かったのが気がかりですが、知らなかった!という方はぜひ、ご活用いただければ幸いです。
そしてそして、いいじゃーん✦と思ってくださった方はぜひ、シェアして広めて下さいなm(_ _)m




赤髪デザイナーが黒髪眼鏡プログラマさんに助けられた話。

デザイン 仕事効率化 ツール

f:id:doubleM:20160618214604p:plain

突然ですが、プログラマさんてなんであんなにすごいんですか!神様ですか!?
小学生から算数が苦手で、細かい事務作業が大嫌い、数字は5桁以上になると記憶障害が生じ始める、完全文系育ちのデザイナーdoubleMです。

でも、これでも一応デザイン設計を考えるのが本業のUIデザイナーですから、ロジカルシンキングとか情報の整理・合理化にはうるさい方です。かつ常日頃から全力で手を抜くことを心がけている私としては、なまじ「効率化の神様」とも言えるプログラマさんと仕事をしている関係上、何をやっていてもついつい「これって絶対もっと効率的な方法があるよね??」みたいなことを考えがちです。

今日は、そんな私がプログラマの友人に相談を持ちかけたところ、htmlの制作が感動的なまでに捗った、というお話をさせていただきます。

今回のお題
<li>タグ内の要素の書き換えを効率化したい



物語の始まり

htmlを作成したことのある皆様なら誰もが経験することだと思いますが、<li>内は往々にして肥大化しがち。
たとえば、hover時の装飾などを排除したシンプルなリストを作るだけでも、<li>の中身は結構な行数に…

<li class="portfolio-item">
    <div class="item-inner">
        <a href="blog-000.html">
            <img src="images/eyechatch/xxx.png" alt="○○のタイトル画像">
            <h5>000.タイトル</h5>
            <div class="overlay">
            </div>
        </a>
    </div>
</li>

このうち、都度テキストを変更したいのは5箇所くらい。
でも、都度コピペして、書き換えて…というのも非効率的な気がします。

あるいは、下記のような単純なリストを作る時でも

<ul class="pngBox">
<li class="imgBox"><span class="imgWrapper"><img src="images/icon/png/icon_heart-01.png"</span></li>
<li class="imgBox"><span class="imgWrapper"><img src="images/icon/png/icon_heart-02.png"></span></li>
<li class="imgBox"><span class="imgWrapper"><img src="images/icon/png/icon_heart-03.png"></span></li>
</ul>

この「icon_heart-」のあとの数字を、手動で一つ一つ変えていくのは…50個くらいまでは許されますが、100個を超えてくると無駄以外のなにものでもなくなりますね。

こういった部分を自動化するために、通常プログラマさんはこのフォーマットをテンプレ化して、、えーと……変数?をなんかして、データベースからその…とにかくこう、自動でバーッと書き換え可能にするわけです。

それが羨ましかった私は、とある黒髪眼鏡プログラマの友人に相談しました。

黒髪眼鏡プログラマとの出会い

「繰り返し登場する文字列の全体を維持したまま、複数の該当部分だけを変えたテキストを量産したい。」
しかも、プログラミングの知識がない私ができる範囲で省エネでやりたい、と。

もちろん最終目標は「効率化」なので、手作業でやる以上に時間や手間がかかるなら、それは費用対効果に見合わない、ということになります。

・作業にかかる時間の削減
・手作業で行なう際に発生する人為的ミスの削減

をかなえるために彼が考えてくれた方法はなんと…Excelを活用する、という方法でした!

なんだこいつ!?魔法を使えるぞ!

考え方は、こうです。
例えば、先ほど挙げた2つめの例のようなテキストを量産したいとします。

変数となる(変化する)部分は「icon_heart-01.pngの」数値部分。それを、こんな分に分割します。

f:id:doubleM:20160618212411p:plain

ちなみにスプレッドシートで作るとこんな感じ。

f:id:doubleM:20160618212610g:plain

Excelにも付いている、ドラッグすれば数値が増えていく機能を使えば100個に増えても一瞬ですね。
(ただし分割の仕方にちょっとだけ慣れが必要ですが。)
この方法だと、「heart」部分が「star」に変わっても「circle」に変わっても、同様の手順でリストが作れます。
そして最後は全部を足せば、ハイ完成。

f:id:doubleM:20160618212636p:plain

…は?…え?って感じですよね。いや、私もそんな反応だったんです。
何言っちゃってんだコイツ、的な。だって、こんな単純な方法で?って。
でも、聞くまでは残念ながら、少しも思いつかなかったんです。

どちらかというと、置換とかでどうにかできないのかな、とは考えましたけど。
まさか足し算で。………足し算で。

魔王討伐成功

半信半疑でしたが結果はこの通り。
f:id:doubleM:20160618212755p:plain

ちなみに、最初に挙げた例でこれを行なう場合は少し複雑にはなりますが、考え方は一緒です。
ただし、長いコードでこれをやろうと思うと思うと、「”」とか「(スペース)」などの表現でうまく足せずに困ることがあります。

下記のサイトで、そういった記号が出てきた際の記述方法がまとめられていましたので、救われました。
http://www.relief.jp/itnote/archives/002391.php


恥ずかしながらワタクシ、これまで表計算ソフトというものを仕事で使う機会がなく、せいぜい数字の合計値を出すことくらいにしか使えなかったんですね。
この機能を教わってからというもの、マクロというものに少し興味を持ちまして、お勉強をしてみました。
結果、別ページに「情報管理用一覧」を準備して、そこから「引用する」という文明的な方法で、リスト生成をすることができるようになりましたとさ。

これぞ発想の転換。

・・・

いや、すごいですよね、黒髪眼鏡。
なんというか、個人的には、該当箇所をマークアップして置換して…みたいなことばっかり考えていたのですが、変えたい文字列の前後で分断して挿入してつなげる、とか。
少しも思いつきませんでしたよ。
「なんだオマエ、天才か!!」と1分間に数回言いましたよ。

後日談

この(少なくとも私に取っては)目からウロコの手段、是非皆様にも広めたい!いかに黒縁眼鏡プログラマが有能かを世界に知らしめたい!!と大興奮していると、プログラマは言いました。「やめてよ、恥ずかしい…」

……なんで (・_・)?

まとめ

デザイナーとプログラマはもっと親密になるべき!!
彼云わく、「誰にでも出来る簡単なお仕事」だそうですが、こういう…ものっすごいニッチなと言うか、超特定的なシーンで発生するような具体的な問題って、誰かに相談する機会もなければ、ネット上で質問するにもなんて聞いたら良いのかわからない、すごく微妙なところだと思うんですよね。
そういった意味で、今回は改めて身近に仲良しプログラマさんがいてくれる幸福を噛み締めました。

マネジメントは経営者のように。
デザインは設計士のように。
効率化はエンジニアのように。
アイデア出しは子供のように。
そしてコミュニケーションは道化師のように。

各分野の専門家の良いとこ取りをして、今後も成長していきたいな、と思う赤髪デザイナーでした。